スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この偽卵。。 

前々回、少し触れていた「偽卵」について書きます。
これがそうです。

20140209偽卵01

私は卵の食品サンプルを使いました。
プラスチックに赤玉っぽい塗装が施されています。


20140209偽卵02

鈍端はこのようにバリが残っており、「んん?」と二度見したくなる微妙なデザインです^^

偽卵を入れた理由は、食卵の癖がつかないようにするためです。
プチコッコ飼育の先輩から教えて頂きました。
ニワトリは自身の卵を割って食べてしまうことがあるそうで、特に黄身が癖になるようです。

産卵鶏の鶏舎では卵は産卵箱に転がり落ちるので食卵を防止できますが、うちは猫用ケージなのでそういう仕組みを作ると狭くなってしまいます。
そのため、まずは手軽な方法として、産卵前から偽卵をケージに入れておき、「この丸いのは突っついても固くて食べられない」という認識をさせるよう実験していました。

結果として、アフィは産んだ卵をつついて割るようなことはしていません。
とりあえず成功かと思います。

鶏の師匠から、更に高等な対策なども教えて頂きましたので、それはまた次の機会に書きます。


20140209アデュとアフィ

昨年の尻つつき事件以来、透明な穴あきパネルでケージを二分割しているのですが、この状態だと安心して卵を産めるスペースを確保してあげられません。
外に出しても、すぐに身を寄せ合う仲良しなので、もう事故は起こさないと信じて、そろそろ同居させようかと考えています。


スポンサーサイト

コメント

偽卵ですか!
そういう手があったとは。
知っていれば、、、

うちのお嬢様は、卵を生み始めて2年過ぎた頃から薄い殻の卵を生み始め、爪で引っ掛けたらしく、それ以降卵を突いて食べるようになりました。

まあ、産卵限界に達しつつあったので、殻の薄い卵を生むのは仕方ないですが。。。

プチコッコは改良品種だからわかりませんが、いわゆる養鶏場のニワトリ達は1年半〜2年経つと卵の産卵率が落ち、廃鶏さんになってしまいます。

もともと産卵効率をあげるべく改良されてきたので、その役目が終わった時点で処分です。。。

うちの子は結局卵を生み続けて肝臓が悪くなるわ、卵管も疲弊し、脱肛にもなり、今は卵を生まないようにダイエット中です。

人間って勝手だなぁ、とぴー介を飼い始めて思っています。

スローライフな動物を飼っていると、ほんとにいろいろ教えられます。

アフィとアデュも、無理なく産卵してほしいです〜。



Re: タイトルなし

フルちゃん

こんばんは、コメントありがとうございます!
返信遅くなり失礼いたしました。

偽卵は動物園でチャボのキーパーをされている方からの情報、ということで私は教えてもらいました^^

フルちゃんが書かれていたこと、とても深いですよね。

私はプチコッコをペット&家禽として育て始めました。
なのでドンドン卵を産んでほしい反面、ペットとして考えると体の消耗も気になり始めました。
実際に飼うまで、そんな葛藤があることさえ知りませんでした。

とりあえず今は成り行きに任せて楽しくやろうと思います。
先々、いろいろと驚きやトラブルがあるんでしょうね。

勉強になりました、また教えて下さい。

ぴー介ちゃんにもよろしくお伝え下さい^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://puchikokko.blog.fc2.com/tb.php/41-d3eb57e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。