スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知のプチコッコと東天紅 

連休で高知に帰省した際、ニワトリを飼育されているお宅を訪問してきましたので、少し紹介させて頂きます。

まずは高知市在住のプチコッコです。

20140113高知プチコッコ01

この子は日当たりのよい庭先で優雅に暮らしていました。

一見、アウトドア派に見えますが、実はめっちゃお嬢で、日中帯は庭先で太陽の光を受け、夜は部屋の中でバスケットに入って安眠するという、ニワトリにとってはかなり理想的なスタイルで育てられていました。
飼い主さんの愛情がよく伝わります。

ちなみに、隣の区画には高知の地鶏「土佐ジロー」が一羽住んでいました。


次は元旦の初鳴会の記事でも紹介した、天然記念物「東天紅」です。
こちらも高知市にお住まいの方で、東天紅だけでなく、小軍鶏やミノヒキチャボなど多くのニワトリを飼育されていました。

20140112東天紅03

「夫婦なんです」オーラがハンパないですね。
メスの佇まいからは、昭和の女性のような清楚さを感じますw

いつまでも仲良くね、なんて思ったのも束の間、

20140112東天紅01

もう一羽メスがいました!

ニワトリは一夫多妻も当たり前、むしろ「もっとメス呼んで!」なんでしょう。
なかなか甲斐性がありますね。

前にも書いたのですが、オスはビンテージのアメリカンバイクのようで、そのスタイルにいつもシビレます。
もし私の身長が30センチしかなかったら、絶対に乗りこなそうと頑張っていたと思います。


20140112東天紅02

メスのアップです。

羽根の模様が見事でした。
顔が若干痩せているように見えますが、耳朶が白くて可愛いです。

ここでは書きませんが、この子たちがここ高知にいることには、実は重要な意味があるんです。

昨今、ニワトリの飼育者は全国的に減っているようですが、ニワトリを愛する方々はまだまだいらっしゃいます。

彼らのニワトリへの想いは、かなり熱いです。



スポンサーサイト

コメント

ぉお!! 東天紅♪

これぞ本場!!
って感じの貫禄ですね♪
鳴き声的には、関東で保存されている鶏の方が良いと聞いた事がありますが、顔はこちらの方が良い?ですかね。
特にメスの顔が、
私が勝手に『高知顔』と呼んでいる顔そのものですv-10
野性的で恐竜みたいな顔(ジュラシックパークのラプトル顔v-12)がカッコイイですv-218
ウチの東天紅♀の空蝉と荻ちゃんは、どうも優し過ぎる顔で・・・。
お母さんになれば顔つきも変わるかとは思いますが・・・。

長くなりました!ごめんなさいv-12!!

Re: ぉお!! 東天紅♪

NANCYさん

こんばんは。
さすがNANCYさん、お詳しいですね^^

この顔がNANCYさんが何度か言われてた「高知顔」なんですね。
遠目だと「スタイルのいい生娘!」って感じでしたが、近くて見ると確かに恐竜っぽかったですw

改めてNANCYさん家の東天紅の写真を見ましたが、確かにソフトな顔立ちで、とても可愛いです。

http://ameblo.jp/uzura-nancy/entry-11741129848.html

やっぱり日本人でも北っぽい顔、南っぽい顔があるみたいに、ニワトリも顔つきがあるもんなんですね。

ちなみに私もかなりの高知顔って言われます。
自分ではよくわかりませんが。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://puchikokko.blog.fc2.com/tb.php/35-dfc712c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。