スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県外輸送(2013年11月現在) 

最近、高知新聞やテレビでプチコッコが取り上げられたそうです!!
アグリビジネス高知さんに多くの問い合わせが来ており、購入希望者も10名を超えたらしく、既に入荷待ち(孵化待ち)になっているようです。
やはりマスメディアのパワーは強烈ですね。

高知在住の方は高知市まで出向けば楽に入手できますが、県外の方はそう簡単にはいきません。
オンライン販売や通信販売で購入したいところですが、現在ペットの生体を配送してくれる宅配会社がないため、対面販売のみとしているそうです。

直接高知まで行って受けとるか、ペット専用移送サービス利用を前提に相談してみるしかありませんが、いずれも万単位の費用がかかります。

これではプチコッコがなかなか高知から出られないので、どうにかしなければなりません。
そこで今すぐにできそうな、比較的安くプチコッコを県外に輸送する方法を考えてみました。

それは「JALのカーゴ便」を活用した方法です。

JAL CARGO
http://www.jal.co.jp/jalcargo/dom/guide/animal/

出発空港の貨物窓口で預けると到着先の空港で受け取れるサービスで、これを利用すれば人間の搭乗なしでプチコッコだけを輸送できます。

高知空港内のJAL CARGOさんの方に電話で確認した話をベースに、輸送手順、条件、費用(一例)、メリデメを整理してみました。



【輸送手順】
①アグリビジネス高知さんから購入し、高知在住の「誰か」に受け取ってもらう
②高知空港の貨物窓口まで持参し、ケージに入れてJAL CARGOさんに預ける
③プチコッコが空の旅に出る
④購入者が到着空港に出向いて受け取る

【条件】
・必ず輸送した当日中に受け取ること
・生後8週間以上経過したプチコッコであること
・プラスチック以上の強度を持つケージに入れること
・出発の90分前までに預けること
・乗継便も可能だが当日中に最終目的地まで到着できること
※現在、JALの高知発便は「東京(羽田)」「名古屋(小牧)」「福岡」のみです

【費用】
高知→東京(羽田)の例
代金:1,825円 ※生体とケージの合計重量が3~5Kgの場合(プチコッコは重くても1kg以内目安)

【メリット】
・高知まで行かなくても購入できる
・輸送費が安い
・JALの発着便がある空港であればどこでも受け取れる(たぶん)

【デメリット】
・高知に親類、友人や知人がいない場合、依頼できる人を探さなければならない
・プチコッコの購入と空港での発送を依頼しなければならない
・購入者が最寄りの空港まで出向かなければならない




これ以外の方法だと、高知への往復旅費(帰りはペットの持ち込み料金もかかる)やペット専用移送サービスで高額の費用がかかるわけですから、「御礼を奮発するから!」と言って高知の人に甘えてみるのはどうでしょう?

懇意にしている人がいない場合でも、例えば「信頼が厚そうな便利屋さんに交渉する」など、何らかの方法はあると思います。

ちなみにニワトリの航空便輸送ですが、JAL CARGOさんは、ネコやイヌだけでなく、ニワトリ(軍鶏とかも)の輸送も時々されているそうで、機内の気圧、温度、騒音含めて心配ないようです。
※気になる方はJAL CARGOさんのWEBサイトや窓口に確認してみて下さい。

以上、調査結果でした。
プチコッコたちが全国各地で愛嬌を振りまく日が来ることを楽しみにしています。



プチコッコ購入の相談はこちらへ。

アグリビジネス高知株式会社
http://www.nishiyamagroup.com/group/food/agrbsns.html
TEL:088-883-4366


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://puchikokko.blog.fc2.com/tb.php/16-562b659b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。