2014年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展示会デビュー 

GW真っ只中の5月3日、土佐市の大鍋祭りで高知県日本鶏保存会の出展があり、プチコッコを連れて参加してきました。
高知の最高気温は28℃、宇佐しおかぜ公園はその名の通り汐風が心地よく、海を眺めながら飲むビールは格別でした^^


20140503日本鶏保存会01

日本鶏展示は駐車場からお祭り会場への入口に陣取られており、多くの家族連れが足をとめて見学してくれました!


20140503日本鶏保存会02

大人は日本鶏の多様さに興味を示し、日本鶏を飼育したいと申し出られる方も複数いらっしゃいました。


20140503日本鶏保存会12

ヒナとのふれあいコーナーもあり、常に子供たちが取り巻いていました。
ニワトリを飼いたいとお母さんにおねだりし、「ダメ」と言われてベソかいてる子もいました^^


20140503日本鶏保存会03

アフィがお客さんの膝の上で眠ってしまったので、まずはアデュを連れて記念撮影開始です。


20140503日本鶏保存会05

まずは二歳のプチコッコ。
外で飼育されているせいか、顔つきがちょっと逞しいですね。


20140503日本鶏保存会07

お次は薩摩鶏。
やはり貫禄ハンパないです。


20140503日本鶏保存会08

土佐小地鶏。
かなり人になついてました。


20140503日本鶏保存会09

これはポーリッシュでしょうか。
何故か80年代を感じます。


20140503日本鶏保存会26

白い烏骨鶏。
聞く話の通り、顔も口の中も黒く、足の指が5本ありました。
不思議なトリですね。


20140503日本鶏保存会14

小軍鶏!
チャボと並んで全国的に人気が高い品種です。
私も近々飼い始めようと思ってます。


20140503日本鶏保存会13

ヒナと間近で対面するアデュ。
何のヒナか聞きそびれました。


20140503日本鶏保存会15

アフィに選手交代。
お客さん御夫婦にずっと可愛がってもらってました。


20140503日本鶏保存会16

土佐九斤。
びっくりするくらい大きく、そして愛らしい鶏です。
この子も飼ってみたい。。

20140503日本鶏保存会17

大軍鶏に睨まれ、目をそらすアフィw
言わずと知れた闘鶏で活躍するファイターです。
こいつの蹴爪で蹴られると、大人の手にも穴が開くそうです。。


20140503日本鶏保存会18

アフィもプチコッコとご対面。


20140503日本鶏保存会21

小軍鶏には怖じないアフィ。
小さいのに大軍鶏と同じように強がるところが愛おしい、と小軍鶏を飼育されてる方が仰ってました。
雄の顔、怒らしたマントのような肩、何よりこの姿勢が堪りません^^


20140503日本鶏保存会20

東天紅、やっぱり渋い。
アフィも東天紅も眠そうです。


20140503日本鶏保存会25

宮地鶏。
死に絶えたと言われていましたが、まだ飼育している方がいらっしゃったようでよかったです。
アフィが完全に眠そうです。


長時間の屋外は初めてで疲れたのか、暑かったのか、うちのプチコッコはこの後ダウンしました。。
普段から屋外で飼育されている他の日本鶏たちは余裕でしたが、室内飼いのプチコッコは弱っちいですね。

はじめての展示会への参加、結果は途中リタイアでした!
簾をかけて下さった方、ありがとうございました。


最後に何枚かご紹介します。


20140503日本鶏保存会22

糸毛のチャボです
白くてフワフワの毛がキュートでした。
飼い主さん曰く、もっと細くする方向で改良中とのこと。


20140503日本鶏保存会24

鶉矮鶏(白)。
小柄で綺麗な鶏でした。


20140503日本鶏保存会23

人懐っこい土佐地鶏。
うちのプチコッコみたいに仰向けで寝るか試したら、3分持たずに寝ちゃいました。。



続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。