2014年03月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお別れ 

諸事情により、4月から高知県に引越しすることになりました!
年度末ということもあり、最後のお別れや引越しの準備やらで、ブログを更新する時間がとれませんでした。
落ち着いたらまた更新していきます。

これまで神奈川に住んでいたのですが、不動産の都合により、3月末までウィークリーマンションに移動する必要が出てしまい、プチコッコといっしょに住むことができなくなりました。
もちろんペット可能の物件を探したのですが、犬と猫向けの物件しか見つけられなかったため、猫のスカリーだけを残すことにしました。

埼玉でプチコッコを飼っている友人がアフィとアデュを預かってくれると申し出てくれたのですが、いずれにせよ高知に移送することは決まっているため、実家で預かってもらうことにしました。

20140315輸送01


ということで、先週末、ケージにプチコッコを入れて、羽田空港のJALカーゴさんまで行ってきました。
JALカーゴさんの受付は羽田空港のはずれ、貨物エリア内にありました。

20140315輸送02


輸送料金は「一羽いくら」ではなく、「ケージを含めた重量基準」または「ケージのサイズを重量に換算した基準」のいずれか重い方で算出されます。
今回はケージが大きかったため、「ケージのサイズを重量に換算した基準」となり、生体輸送の5割増しということで1万3千円程度でした。

もちろんペットキャリーなど小型のケースで輸送するともっと安くなりますが、今回は高知での飼育を考慮し、プチコッコの家ごと輸送しちゃいました。

20140315輸送05


毎日家に帰ると卵を産んでるかチェックし、野菜の切れ端を与え、抱っこして頭の匂いを嗅ぐのが日課だったので、たかだか三週間ほどのお別れですが、正直、かなり寂しいものがありました。
JALカーゴさんの受付で、ニワトリとの別れを惜しんでいる様子は異様だったかもしれませんw

最後に係員のお姉さんに預けた途端、アフィがお姉さんの指サック(ピンク)を奪いとり食べようとしてビビりましたが、おかげさまで無事に高知まで輸送して頂きました。

20140315輸送06


現在、プチコッコは桜も開花した暖かい高知で元気に暮らしているようです。
特に変わったこともなく、モリモリとエサを食べているようです。

20140315輸送03


甥っ子と姪っ子がプチコッコに興味を持ってくれているので、卵の収集と採卵記録をとってくれているそうです^^
出る前にお風呂に入れといたので、早く抱っこしてほしいのですが、二人ともまだ小さいので抱くのはビビっているようです。


スポンサーサイト

産卵結果(2014年2月) 

先月からタマゴを産み始めたプチコッコたちですが、一体どれくらい産んだんでしょうか。
産卵記録を集計してみました。

※産卵率は、それぞれ産み始めた日から末日までの個数で算出しています
※体重は人間の体重計しかなかったため、ざっくりです

【アフィ】
2014年2月6日~2月28日(23日間)
合計:13個
平均:34.67g
最大:38.09g
最小:31.46g
産卵率:56.52%
体重:約700g(2014年3月4日現在)

20140304アフィ02

産卵率50%を超えました!
毎日モリモリ食べてウンチもたくさんしています。


【アデュ】
2月12日~2月28日(17日間)
合計:13個
平均:36.26g
最大:40.00g
最小:31.46g
産卵率:76.47%
体重:約800g(2014年3月4日現在)

20140304アデュ01

アデュが驚きの76.47%というスコアを叩き出しました!
産み始めたのは遅かったのですが、結果的にアフィと同じ数だけ産みました。


20140304アフィとアデュ02

アデュの方が体も大きく体重もあるせいか、若干大きめのタマゴを産みます。
ただアフィの方が餌をよく食べているし、ウンチの量も多いので不思議な感じもします。

数値だけで言うと、今回はアデュの方が好成績でしたが、はじめてタマゴを与えてくれたのはアフィでした。
二羽とも、ありがとう。


20140304アフィとアデュ01

アデュはこういう姿勢で寝かせると、面白いくらいにすぐ寝つきます。


20140304アデュ02

相変わらずオムツをつけていますが、そろそろ体型も安定してきたような気もするので、フライトスーツを買い直そうかと思ってます。


20140304アフィ03

アフィは最近、餌の要求がすごいです。
ケージの前を通ると、「エサ?エサ?」という感じで首をカクカクしてこちらを見つめてきます^^


20140304アフィ01

アフィはとても大人しいので、膝の上で抱きやすいです。
この子も顔を撫でつづけると、しばらくすると目を閉じてまどろみます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。