2013年12月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年を! 

最近、更新が滞ってしまいましたが、プチコッコたちは元気でやっています。

11月から始めたブログでしたが、あっという間に二ヶ月が過ぎ、もう大晦日を迎えてしまいました。
ブログにアクセスして下さった皆様、どうもありがとうございました。
おかげさまで来年もプチコッコのことを伝えていこうという気持ちでいられそうです。

来年はもっとプチコッコについて掘り下げた内容を考えたいと思います。
よろしくお願いします。

アフィとアデュ20131231
お礼をする二羽

今年も残り一時間を切りました。
明日元旦の朝は東京農大で開催されるニワトリのイベントに参加してきます。

それではよいお年をお迎え下さい^^


スポンサーサイト

フライトスーツ 

お待たせしました。
前回の「オムツの作り方」で触れていた「US製の特殊アイテム」の写真をアップします。

フライトスーツ20131219-1


その名も「FlightSuits Bird Diapers(フライトスーツ バードダイパー)」
戦闘力がアップしそうな、かっちょいいネーミングです。

以下のサイトのメーカーが開発した、インコ用のスーツだそうです。

Avian Fashions
http://www.avianfashions.com/

それではアフィに装着してもらいましょう。

フライトスーツ20131219-4
こんな感じです。


大阪で大型のインコとプチコッコを飼っていらっしゃる方の斬新なアイデアです。
なかなか画期的ですね!
先月、高知新聞のプチコッコ特集記事でも紹介されていました。(2013年11月16日)

フライトスーツ20131219-6
横から見たところ


これは「エックスワイド」というサイズで、自作オムツがうまく装着できないアデュ用に購入したのですが、すぐに体が大きくなったのでお役目御免となりました。

成長が落ち着いたプチコッコに適しているのは「コロッサル」というサイズだそうです。
うちも来月で生後5ヶ月となるので、サイズが安定したら買い直す予定です。

スーツの仕組みは上記サイトに紹介されているのですが、簡単に紹介します。

フライトスーツ20131219-2
中央の穴の右側がマジックテープになっており、ここを開いて装着させます。
右端のゴムを翼肩にひっかける仕組みで、穴部分からは尾羽を出します。


フライトスーツ20131219-3
左端のとんがった部分にウンチがたまるようになっています。
専用のライナーも販売されていますが、ペットシーツで自作するのがよいそうです。


フライトスーツ20131219-5
うちのはギンガムチェックっぽいタイプですが、カラーバリエーションは豊富でした。


アフィ20131219-3
スーツを装着し、なぜかモデル立ちするアフィ


アフィフ20131219-1
お調子ものです


アフィ20131219-5
でもちょっと窮屈みたいです


このスーツにはリードを取り付けることができるので、スーツを着用して外に連れ出すことができます。

上記サイトからも購入できるようですが、国内でもこのスーツを販売されているオンラインショップがありますので、Google先生に聞いてみて下さい。


アフィ20131219-4


アフィ20131219-2


ニワトリのマブタ 

ニワトリのマブタって下から閉じるんです。
ご存知でしたか?

寝るアデュ20131216-3
マブタを閉じたアデュ

私は知らなかったのですが、ヒトは目の上にマブタがありますが、ニワトリは下にあるんですね。
なので閉じる時は下から上にマブタが上がります。

アデュ20131216-1

普段はまん丸に目を開いているのでパッと見ではわかりません。


最近、年末でバタバタしているため、ケージから出せない日があります。
正直、毎晩でもプチコッコと遊びたい!というくらい、奴らは可愛いです。

アフィとアデュ20131216-4

このつぶらな目とか、柔らかい羽毛とか、頭の匂いとか、うーん可愛すぎる。。

寝るアデュ20131216-2

最近アデュはちょっと大きくなったんですが、それでもまだこんなに小さいです。

アデュとアフィ20131216-2

相変わらず二羽は仲良しです。

アフィとアデュ20131216-1

アフィ(右)の尾羽もかなり伸びてきました。
できることならケージのパーティションを撤去し、いっしょにいさせてあげたいですが、もう少し様子見です。

家に帰るとコイツらがいる、と思うと帰路も楽しくなります。
いいおっさんが何言ってんだ?とバカにされそうですが。。


エサ入れ 

ゲージを分割して以来、アデュにはプラカップのエサ入れを使ってもらっていました。
さすがに可哀想なのでWEBでよいエサ入れを探していましたが、なかなかよいものが見つかりません。
前にも書いたのですが、犬や猫用のとは異なり、エサ入れには条件があるようです。

【エサ入れのヘリに内側に向けた返しがついていること】
プチコッコはエサをついばむ時にクチバシを上下や左右に素早く振るため、カエシがないとエサがこぼれてしまいます。
部屋も汚くなりますし、何よりエサが無駄になります。

【ゲージに引っ掛けられること】
床置きすると普通にその上を歩きますし、場合によってはエサ入れの中にも糞をしてしまいます。
また例えば軽いお皿などに入れておくと、その上を歩いた時にエサ入れをひっくり返したりします。
そのためエサ入れは床置きではなく、頭の高さと同じくらいの位置の壁にかける方が都合がよいです。

ということでこんなエサ入れを作ってみました。

エサ入れ20131215-5
材料の宝庫「100円ショップ」で購入し、費用は一つ当たり約133円でした。


エサ入れ20131215-1
まず幅10cm、奥行8cm、高さ5cmくらいのタッパーを用意します。


エサ入れ20131215-3
そのフタを取り外し、写真のように中を切り抜きます。
残ったフタの部分がカエシとなるため、クチバシに弾かれたエサの大半はエサ入れからこぼれません。
ただ実際に使ってみた感じだと、穴はもう少し小さい方がよかったという感触です。


エサ入れ20131215-4
フタをとりつけ、側面にフックをつけます。


エサ入れ20131215-2
ゲージに引っ掛けて使うため、自由に曲げられる金属製で、裏が粘着テープになっているタイプを選びます。


エサ入れ20131215-8
ただ見た目があまりよくないため、できれば写真のようなものを入手したいのですが。。
これは猫のキャリングケースの付属品ですが、とても使い勝手がよいです。


エサ入れ20131215-6

新しいエサ入れと合わせてアデュ用のヒーター(保温電球)も導入しました。
猫のスカリーもいるため、不在時もエアコンを18度に設定しているのですが、夜帰ってきたらヒーターの近くで休んでいるのを見かけます。


オムツの作り方 

今日は防塵マスクを使ったオムツの作り方を紹介します。

【用意するもの】
・使い捨ての防塵マスク
・ホッチキス
・ティッシュ(または脱脂綿)

防塵マスク改オムツ20131209-1
ドラッグストアなどで販売している普通の防塵マスクです。
今回は普通サイズですが、プチコッコが小さい時は女性・子供用の小型サイズの方がよかったです。


防塵マスク改オムツ20131209-2
素材は不織布、プリーツが入っていて、耳にかける紐がゴムになっているものを選びます。


防塵マスク改オムツ20131209-3
上下部分をそれぞれ折り返してホチキスで留めます。


防塵マスク改オムツ20131209-4
今写っているのがプチコッコのお尻にあたる側となります。
留める時はホチキスの針先が外側に向くよう注意しましょう。


防塵マスク改オムツ20131209-5
オムツのシート替わりのティッシュペーパーです。
六折にしています。


防塵マスク改オムツ20131209-6
次にマスクのプリーツを広げます


防塵マスク改オムツ20131209-7
ティッシュをマスクの中に格納します。
長時間、着用させる場合はティッシュを多めに重ねる方がよいです。

オムツはこれで完成です。

防塵マスク改オムツ20131209-8
いよいよオムツの装着です。
今回は大人しいアフィに協力してもらいました。

体を撫で、気持ちを落ち着かせます。
後ろからオムツをあてがい、翼の付け根部分に紐を引っ掛けます。


防塵マスク改オムツ20131209-9
左右順番に、翼を紐の間から出してあげます。


防塵マスク改オムツ20131209-10
ここが一番重要です。

紐を少し引っ張り、できるだけプチコッコの首側で結び目を作ります。
結び方は二重の片結びでも蝶結びでもよいと思います。
ゆるいとオムツが外れますし、強すぎるとプチコッコが苦しくなるので、何度か試して最適な締め具合を探ってみて下さい。


防塵マスク改オムツ20131209-11
装着できました。


防塵マスク改オムツ20131209-12
最後にプリーツを広げ、プチコッコのお尻の穴が隠れるよう上まで引き上げます。
あまり広げすぎるとモモにあたって歩きづらくなるので注意しましょう。

オムツをしていると違和感があるのか、オムツをクチバシでつついたりします。
羽をばたつかせたりするとオムツが下にズレるので、時々チェックが必要です。

結構簡単に作れるし、暇な時に作り置きしておけば便利です。
見た目もパンパース(まだある?)着けた赤ちゃんのようにも見えるので可愛いかなと。

ただチープさが漂うのは否めません。
例えば、公園に連れ出して犬自慢の人たちと張り合う時、このオムツで戦えるのでしょうか?
笑いはとれるかもしれませんが、もう少し洒落たアイテムを用意してあげたいものです。

などと思っていたら、あるところにはあるもんですね。
大阪でプチコッコを飼育されている方から、そんな悩みを払拭してくれるUS製の特殊アイテムを教えて頂きました!
うちも一つ購入し、アデュが使い始めたので、次回また紹介します。


【祝】二羽のプチコッコが埼玉へ移住! 

昨日、高知で生まれた二羽のプチコッコが埼玉へ移住しました!

私の友人でシステムエンジニアをやりながら犬猫のブリーダーをやっている人がいます。
先々月、彼にプチコッコの話をしたところ、部屋で飼えること、オムツをしていることに興味を持ってくれました。
即答で「飼う!」と言ってくれてたんですが、いろいろあり入手までに時間がかかってしまいました。

輸送手段として、先日書いた記事「県外輸送(2013年11月現在)」を試してみました。
一昨日、私の母にアグリビジネス高知でプチコッコをゲットしてもらい、昨日、高知空港からJALカーゴ便で発送し、羽田空港で友人が出迎えました。
送料(高知空港→羽田空港間)は、二羽+ケージで「2,363円(税込)」だったようです。

彼の家には動物がたくさんいるので、プチコッコたちがどんな振る舞いをするのか楽しみです。
ちなみに、その子達の齢も90日でうちの子たちと同じです。
もしかしたらアフィとアデュの姉妹かもしれません。
ぜひ対面させてみたいです。

アデュとアフィ20131208-2
埼玉のプチコッコの話を聞いてくれる二羽


スカリー、ベットを奪われる 

アフィが散歩中にスカリーのベッドを発見したようです。
しばらく中でウロウロしていましたが、気持ちいいみたいで落ち着いちゃいました。

アフィ侵略20131205-1

ちなみにお尻の白い部分が防塵マスク改の「オムツ」です。

アフィ侵略20131205-2

オムツをしていると糞の心配はいりません。
但し、付け方が甘いと漏れることもあるので注意が必要です。

アフィ侵略20131205-3

後ろ姿、かなり可愛いです。

しばらくするとスカリーがノコノコやってきました。

アフィ侵略20131205-4

前に座り込み、じっとアフィを見ています。
怒ってるんでしょうか?

アフィ侵略201312-5

表情が見えませんが、グデンとしちゃいました。

アフィ侵略20131205-6

しかし、どうも納得がいかないのか、ベッドに絡んでしばらくバタつき、最後に私の手を噛んで去っていきました。

ちなみに、アフィはその間ほぼ無反応でした。



スカリーとアフィとアデュ(2013年12月2日) 

最近ゲージの中を覗くと、二羽がパーティションを挟んで身を寄せ合い、「クーコ、クーコ」と何か話をするようによく鳴いてます。
何を話しているのかすごく気になりますが、ニワトリ言語はさっぱり分かりません^^

うちは最初、一羽で飼育するつもりだったのですが、理由あって二羽で飼うことにしました。
結論としては、二羽で飼ってよかったと思っています。

尻つつき事件はありましたが、基本的にとても仲が良いです。
毛づくろいをし合ったり、相手の上に乗ろう乗ろうとチャレンジしたり、じゃれている場面がよく見られます。
猫も犬もニワトリも人も、子どもがやることは同じですね。
見ていてとても微笑ましいです。


アデュとアフィ20131202-1


ゲージから出してあげると、最初はそれぞれが思い思いの行動をとります。
そしていつの間にかどちらともなく寄ってきて、最後は二羽とも同じところに落ち着きます。

アデュとアフィ20131203-2


猫のスカリーもだいぶん打ち解けてきました。
最近はプチコッコがいる膝の上に自分から寄ってきます。
短時間ですが、一緒に休んだりもします。


スカリーとアフィとアデュ20131202


先日、アフィが膝の上からソファの肘置きに移動する時に、スカリーの頭を飛び石のように踏んで歩いたんですが、スカリーは怒ったり嫌がったりしませんでした。

相変わらず子どもの頃と変わらないおバカな行動をとってしまうスカリーですが、プチコッコが来てから少しだけ大人になったように思います。
たぶんスカリーも家族が増えて嬉しいんでしょうね。
なんだかんだプチコッコに近づいたり絡んだりしてますし、時には攻撃されたりと、なかなか楽しそうです。

もっともっと仲良くなってもらって、ほっこりするようないい絵が撮りたいもんです。


アデュとアフィ20131202-3
ひとしきり遊んで眠る二羽


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。